開催日時
2018/07/15 (日) 09:00
〜2018/08/15 (水) 16:00
会場
川本エゴマの会員圃場 〒696-0001 島根県邑智郡川本町川本
主催者

かわもと暮らし情報センター

HP:
http://www.kawamotogurashi.jp/
問合せ先:
かわもと暮らし情報センター 担当:浪崎

4日間エゴマ農家体験

川本町の特産品であるエゴマ。その農家を志す方が、川本町へ移住する前に、「農業体験」をすることで川本町での農業イメージを持っていただくことができます。

川本町では農家を志す方が、産業体験(最長1年)または農業研修生(最長3年)として川本町へ移住する前に、この「農業実習」を体験することで川本町での農業イメージを持っていただくことができます。

画像1画像2エゴマ実習1

応募資格 
中山間地域の農業に情熱をお持ちの方(年齢45歳未満推奨・性別不問)

募集期間 
~730日(月)

実習条件 
①実習にかかる個人経費(保険や生活費)川本町までの交通費は自己負担です
※宿泊費、レンタカーに関しては一定額(上限25,000円)の助成があります

➁初日、最終日は最寄りの駅まで送迎いたしますが、農業体験期間中はレンタカーをご利用ください。

お問合せ 
0855-74-2110 かわもと暮らし情報センター(浪崎)

【エゴマの聖地かわもと】

川本町で新規就農する場合、研修作物として、水稲、西条柿、白ねぎ、花卉、ミニトマトがありますが、全国的に有名な農作物はエゴマです。

画像3

エゴマは、病虫害に強く栽培しやすい作物と言われています。

また、 葉・種・油と全て摂取することができ、捨てるところが無く、そのままでも食べられますし、菓子などの加工品にも用いられます。
なかでも油は、“α-リノレン酸”という良質な脂肪酸を多く含んでいます。α-リノレン酸は体内で合成されず、食事によって摂取するしかなく、体内でEPAやDHAに作り変えら
れます。魚油に多く見られる成分のため、エゴマは“畑の青魚(EPA・DHA)”と言われています。

最近では健康食品としてエゴマ油が注目されているため粗悪品が多く出回っているのが現状です。川本町では有機にこだわったエゴマ油の証明として「島根産」「川本町産」にこだわった品質に力をいれています。

画像4

農業で生計を成り立たせるために必要な事は良い作物を作ることも重要ですが、やはり販路の確保が重要です。全国的にも生産者が少なく、エゴマ油(特に川本町産)は需要に対する供給が追いついていません。販路が確保されブランド力のあるエゴマ油は新規就農者にとっても魅力的な作物ではないでしょうか?