奥出雲町(おくいずもちょう)奥出雲町(おくいずもちょう)

 奥出雲町は、島根県の東南端に位置する山に囲まれた里山の町です。スサノオノミコトが降臨したと伝えられる出雲神話発祥の地で、神話ゆかりのパワースポットが数多く残っており、古くから「たたら製鉄」で栄え、今でも世界で唯一、たたら操業を行い、日本刀の原料となる「玉鋼(タマハガネ)」を生産しており、「出雲國たたら風土記」として日本遺産に登録されました。また、豊かな自然と気候で育まれたお米は、東の「魚沼」、西の「仁多米」といわれる程とても美味しく、献上米にもなっています。そして、斐乃上温泉、佐白温泉、亀嵩温泉の三つの温泉があり、これを「奥出雲美肌温泉郷」と呼びます。奥出雲町にあるのは、自然と昔ながらの暮らしと人々のやさしさです。

奥出雲町の特徴

  • 奥出雲の歴史は「古事記」から紐解く

    奥出雲町

    ヤマタノオロチ退治やスサノオノミコトが降臨したと伝えられる出雲神話発祥の地であり、その神話ゆかりの場所も数多く残っています。また、とぐろを巻くヤマタノオロチをイメージした「おろちループ橋」は全国最大規模の2重ループ方式道路で四季折々の景観が楽しめます。古くから「たたら製鉄」で栄え、今でも世界で唯一、(公財)日本美術刀剣保存協会が「たたら操業」を行い、日本刀の原料となる「玉鋼(たまはがね)」を生産しています。

  • 奥出雲美肌温泉郷へ

    奥出雲町

    奥出雲の温泉はアルカリ性で、美肌や血行促進、疲労回復にいいとされ古代から薬湯として大切に守られてきました。「日本三大美肌の湯」とされている斐乃上温泉「ヴィラ船通山」、亀嵩温泉「玉峰山荘」、そして平成24年4月に佐白温泉「長者の湯」がグランドオープンしました。奥出雲は古代ロマンを感じながら、心身ともに癒される美肌温泉郷です。
    参考:奥出雲美肌温泉郷

  • 奥出雲の豊かな食は、生きた自然の深い味わい

    奥出雲町

    豊かな自然と気候に育まれた奥出雲町は食の宝庫です。お米は東の「魚沼」、西の「仁多米」といわれる程とても美味しく、献上米にもなっています。また、奥出雲の清らかな水と仁多米により作り出された地酒は雄大な自然を感じさせる薫り豊かな喉ごしと深い味わいです。この他にも和牛、そば、しいたけ、まいたけなど、奥出雲町には大自然を感じさせる食があふれています。

市町村概要

人口 12,787人(世帯数 4,804世帯)
面積
  • 368.06km2(標高・・・仁多庁舎所在地(三成358番地1)233m、横田庁舎所在地(横田1037番地)332m)
主産業
  • 農業(水稲、野菜などの他、特産物である仁多牛の畜産、シイタケ、マイタケなどの生産)
  • 林業(森林面積30,644ha)
  • 商業(商店数268店)
  • 工業(事業所数96事業所)
特産品
  • 仁多米(全国米・食味分析鑑定コンクールでは連続5回金賞受賞 )
  • 地酒(奥出雲の清らかな水と仁多米を伝統の技を持つ出雲杜氏が丹念に仕込んだ逸品)
  • 和牛(大自然に囲まれて、のびのびと丹精こめて育てられた黒毛和牛肉)
  • しいたけ(肉厚で歯ごたえのある生しいたけ)
  • そば(この地方独特のそば殻を練りこんだ黒い麺とコクの深いつゆを用いた三段重ねの「割子そば」はここ奥出雲地方が本場)
  • まいたけ(きのこの女王とも言わる舞茸は食感、うま味、食べやすさとも絶品)
  • そろばん
  • 銘木工芸家具
  • 雲州刃物
観光スポット・見どころ
  • 名所旧跡

    国指定天然記念物・・・岩屋寺の切開(きりあけ)(黒雲母(くろうんも)花崗岩(かこうがん)からなる約70mの渓谷) 竹崎のカツラ(樹高約35m根周16mを超える桂の木) 国指定名勝天然記念物・・・鬼の舌震(県立自然公園で約2kmにわたる渓谷) 国指定保存技術・・・玉鋼(たまはがね)製造(たたら吹き) 国指定重要文化財・・・櫻井家住宅(松江藩の鉄師頭取をつとめた櫻井家の邸宅) 国登録有形文化財(建造物)・・・絲原家(松江藩の鉄師頭取をつとめた絲原家の邸宅)国定公園・・・比婆道後帝釈峡国定公園:吾妻山(標高1,239m) 船通山(標高1,143m) 県指定天然記念物・・・湯の廻キャラボク(樹高8m、胸高周3.2mのキャラボクの木)

  • その他

    猿政山(標高1,268m) 吾妻山(標高1,239m) 船通山(標高1,143m)鯛ノ巣山(標高1,026m) 玉峰山(標高820m)三郡山(標高806m) 要害山(標高419m) 三井野原スキー場(町営リフト2基) おろちループ(区間6km、標高差167m) 日刀保たたら 「砂の器」記念碑(砂の器舞台の地) 出雲坂根駅三段式スイッチバック 延命水(坂根) 福寿水(福原) みなり遊園地 ゴルフ練習場 グラウンド・ゴルフ場 ふれあい交流館「一味同心塾」 横田郷土資料館

  • 観光

    可部屋集成館 絲原記念館 奥出雲多根自然博物館 奥出雲たたらと刀剣館 たたら角炉伝承館 雲州そろばん伝統産業会館 交流館「三国」」奥出雲鉄の彫刻美術館 道の駅「酒蔵・奥出雲交流館」 道の駅「奥出雲おろちループ」

祭り・伝統行事紹介
  • 宣揚祭(退治されたおろちの尾から「天叢雲剣あめのむらくものつるぎ」が出てきたちいうおろち神話にもとづき、舞台とされる船通山の山頂で毎年7月28日に行われる)
  • 三成愛宕祭り(300年以上の歴史がある雲南地方屈指の夏祭り。祭りの夜には幻想的な「幻の一夜城」が出現します。)

UIターン支援施策

奥出雲町

就職関連

【無料職業紹介所】
専門の定住コーディネーターを配置し、「無料職業紹介所」を開設するとともに、ふるさと島根定住財団、ハローワーク、町内企業と連携を図りながら、きめ細やかな求人求職マッチングを行っています。

【UIターン介護人材に対する奨励金】

町内の介護事業所に就職する方に奨励金を交付します。

≪金額≫Iターン者50万円 Uターン者25万円

(問合先/結婚・子育て応援歌 TEL:0854-54-2511) 

【UIターン保育人材に対する奨励金】
町内の保育施設に就職する方に奨励金を交付します。

≪金額≫Iターン者50万円 Uターン者25万円

(問合先/健康福祉課 TEL:0854-52-2206)

起業関連

【若もん未来会議・奥出雲仕事塾】
地域での学びと実践の機会を増やし、課題解決につながる仕事づくりや地域の強みを活かした産業の創出にチャレンジする人材を支援します。

【起業創業補助金】

○産品リニューアル支援 補助率2/3 上限50万円

○産業創出チャレンジ支援 補助率2/3 上限50万円

○新たな起業創業の設備支援 補助率1/2 上限240万円

(問合先/商工観光課 TEL:0854-54-2504) 

【起業独立型・奥出雲町地域おこし協力隊】
本町の課題を解決しうる新しい仕事を創り出す活動について、提案・採用後、実践していきます。

≪給与≫208,000円/月

≪活動費≫上限150万円/年 

新規就農
  • 新規就農を希望するUIターン者の方の移住、研修、就農までを一体的にサポートします。

住宅・空き家

【UIターン者向け一戸建住宅】                                                        

UIターン者向けに空き家を活用して整備した住宅です。水回りなど基本的な部分をリフォームしてあり、町内に13軒あります。                           

【空き家バンク制度】                                                              

町内にある空き家情報を収集し、UIターン情報サイト「Deeo Town Okuizumo」に掲載しています。この制度を利用された場合、修繕に必要な費用の一部を補助します。

≪補助率≫修繕に要する費用の1/2

≪補助金額≫上限100万円 

【空き家片づけ支援補助】
空き家バンク制度に登録した物件について、家財道具の処分や清掃等を行う場合、経費の一部を補助します。

≪補助金額≫上限10万円 

【親元へ住もう補助金】                                                             

親世帯と同居するために住宅を改修した場合や、近隣に住宅を新築・購入した際にかかった経費の一部を助成します。
≪補助金額≫上限10万円

【住環境リフォーム助成金】

住宅の新築及び増改築に併せて、排水設備を公共下水道、農業集落排水または合併処理浄化槽(下水道)に接続する方へ助成金を交付しています。

≪助成金額≫上限10万円または5万円

(問合先/水道課 TEL:0854-52-2676) 
お試し体験

それぞれのご事情やご希望にあったオーダーメイドの体験プログラムを準備し、田舎暮らしのお試し体験をサポートしています。また、町内にあるしまね田舎ツーリズム登録の民泊実践者と連携し、観光地を巡るだけではわからないリアルな田舎暮らしを体感することができます。

【OKUIZUMO STYLE】

IT企業・ものづくり企業を対象とし、本町での企業合宿経費と現地コーディネートをサポート。

≪宿泊費≫1泊7,500円

≪交通費≫上限4万円助成

(問合先/商工観光課 TEL:0854-54-2504)

UIターン奨励金

【ふるさと留学奨励金】

町外から転入学する児童・生徒たちを育てている親族の方に交付します。

≪金額≫児童、生徒1人あたり10万円

(問合先/教育魅力課 TEL:0854-52-2672)

情報提供

【定住コーディネーターの配置】

専門の定住コーディネーターを配置し、UIターン希望者の方のニーズに合った情報提供と現地コーディネートを行います。

【UIターン情報サイト「Deep Town Okuizumo」】

移住についての情報サイト「Deep Town Okuizumo」では、サポート制度をはじめ、戸建て、集合住宅などの住まいの情報、就職や起業などの仕事の情報を随時更新します。また、奥出雲に住む私たちと全国の奥出雲ファンでつくるWEBマガジン「DEEPマガジン」がスタート。毎日、変化する奥出雲のリアルを体感してください。

[奥出雲町UIターン情報サイト「Deep Town Okuizumo」 https://deep-town-okuizumo.jp/

子育て支援

【幼保一体化施設「幼児園」の開設】

多様化する保育ニーズに応えるための幼保園を全町に整備しています。これにより、発達年齢に応じた一貫した方針に基づく教育・保育が可能となります。

【出産祝金】

安心して子どもを産み、子育てができる環境をつくるため、出産された方を対象に出産祝金を支給します。

≪対象者≫町内に住所を有し、かつ子どもの出生後1年以上住所を有する方

≪金額≫町内どこのお店でも使える商品券(10万円分)

(問合先/結婚・子育て応援課 TEL:0854-52-2206) 

【医療費無料】

0歳から中学校卒業までの医療費を無料化しています。 

【保育料の軽減】

≪満3歳以上の上限金額≫1人目から15,000円

≪多子世帯の軽減≫上から2人目のお子さん 半額、上から3人目以降のお子さん 無料 

【子育て支援センターの設置】

専門家による子育てに関する相談や保護者と乳幼児の交流場を提供しています。また、月に1回「子育て通信」を発行しており、ベビーマッサージや音楽療法教室の案内をしています。 

【バス定期券に対する助成】

バス通学生徒に対応しています。 

【結婚・子育てコンシェルジュの設置】

結婚・出会い・妊娠・出産・子育て定住などのお悩みについて、結婚・子育てコンシェルジュが相談サポートをする相談所を開設。 

【病児保育施設「ほっとすてい」の設置】

お子さんが病気や怪我のために幼児園や小学校に行けないときに一時的にお預かりが可能。

≪利用料金≫1日2,000円

(問合先/結婚・子育て応援課 TEL:0854-52-2206) 

その他支援

【生活交通サポート事業(バス・タクシー利用券)】

交通手段をもたない70歳以上の高齢者などの要件を満たす方に対し、バス・タクシー利用券を配布しています。

≪金額≫1万円分/年

(問合先/福祉事務所 TEL:0854-54-2541)

【総合型地域スポーツクラブの創設】

  • 軽スポーツ、ヨガ、レクダンス教室などを楽しんでいただけます。

UIターン窓口情報

UIターン担当課名 地域づくり推進課
定住支援担当者名(職名)

中村 有希 (主任主事)

所在地 〒699-1592 島根県仁多郡奥出雲町三成358番地1
TEL / FAX 0854−54−2524 / 0854−54−0052
E-mail

chiikidukuri@town.okuizumo.shimane.jp

市町村ホームページURL http://www.town.okuizumo.shimane.jp/
UIターン関係ホームページURL 奥出雲UIターン情報|DEEP TOWN OKUIZUMO https://deep-town-okuizumo.jp/
空き家バンク(情報)URL https://deep-town-okuizumo.jp/
その他お役立ち情報URL

Go!okuizumo. 奥出雲町観光協会 https://go-okuizumo.org/

Okutabi (雲南市・飯南町・奥出雲町の広域観光情報サイト) http://okutabilove.com/category/course/cafe/

担当よりひとこと

 奥出雲町
奥出雲町では、定住相談窓口まち・ひと・しごとセンター「奥サポ」を開設し、奥出雲での暮らしについて専属の定住コーディネーターによる定住支援をおこなっています。「移住をする」という人生の大きな転機において、相談者ひとりひとりに寄り添ったご提案や支援を心掛けています。まずは、奥出雲での暮らしを体験してみることからはじめてみませんか?それぞれのご事情やご希望に合ったオーダーメイドのプログラムを準備し、奥出雲での田舎暮らし体験をサポートします。まずはお気軽にご相談ください!

お問い合わせ