雲南市(うんなんし)雲南市(うんなんし)

雲南市は、県庁所在地の松江市と出雲大社のある出雲市に隣接する人口およそ4万人のまち。季節を迎えるゆったりとした空気や、あくせくすることを忘れてしまいそうな「のんびり感」がまちの中を流れている場所です。雲南市では、自らの地域を良くしていこうと地域自主組織による地域づくり「大人チャレンジ」、保幼小中高一貫したキャリア教育「子どもチャレンジ」、さらに志ある若者による地域課題解決に向けた活動「若者チャレンジ」が活発化しています。この3つのチャレンジを連鎖させ、10年後も、20年後も市民みんなで支え合い、いきいきと暮らせる魅力あるまちづくりに挑戦しています。

雲南市の特徴

  • 雲南の魅力は何といっても「食の豊かさ」

    雲南市

    豊かな「自然の恵み」そのままのおいしい「食」は、一度来て、食べていただかないと言葉ではお伝えすることができません。市内あちこちにある産直市場には、地元農家が手間ひまかけた農産物が並んでいます。

  • 日本のふるさとの原風景

    雲南市

    日本の棚田百選「山王寺棚田」には、四季折々の美しい日本のふるさとの原風景があります。およそ200枚の田んぼを地元農家が守っています。
    参考:山王寺の棚田

  • 雲南市桜まつり

    雲南市

    日本さくら名所百選「斐伊川堤防桜並木」。中国地方一といわれる桜トンネルはおよそ2kmにわたり、イベント期間中は10万人を超える観光客で賑わいます。ライトアップされた夜桜も必見です。

市町村概要

人口 38,976人
面積 553.18Km2
主産業
  • 農業は有機農業への先駆的な取り組みが行われ、安心・安全な農作物の生産地としての評価を得ています。米や畜産、ぶどう、茶、葉ねぎ、ほうれん草、花き栽培など、良質な農産物の生産、乳製品やワイン、味噌、餅などの豊富な加工品が生産されています。
  • 工業は、誘致企業をはじめとする事業所が立地しており、特に一般機械製造業、電気機械製造業等の集積が進んでいます。
特産品 お茶、メロン、ぶどう、乳製品、ワイン、葉ねぎ、わら工芸品、栗、味噌、梅
観光スポット・見どころ

市内にヤマタノオロチ伝説で知られる斐伊川が流れ、各地に神話伝承地が残り、加茂岩倉遺跡など多くの遺跡や古墳が発掘されています。また、山間地では「たたら製鉄」が近代まで盛んに行われ、その産業遺跡であり日本で現存する唯一の高殿「菅谷たたら」がその名残を残しています。

春には「日本の桜名所百選」に選定された斐伊川堤防桜並木が大勢の花見客で賑わい、また三刀屋川の河川敷では珍しい黄緑色の桜「御衣黄」が咲き誇ります。初夏には斐伊川支流の赤川で「赤川ほたる」の乱舞を観賞、盛夏には「日本の滝百選」に選定されている「龍頭が滝・八重滝」の名瀑で清涼感を味わえます。秋から冬には、「出雲国風土記」にも記載が残る「海潮温泉」、「出雲湯村温泉」などの温泉で自然を満喫しながらゆったりとした時間が過ごすことができます。

祭り・伝統行事紹介 毎年3月下旬から4月中旬に行われる「桜まつり」は、県内外から10万人を超える花見客で賑わいます。また、約430年の伝統をもつ「大東七夕祭」のほか、「加茂二十三夜祭」、「三刀屋天満宮夏祭」などの夏祭りが市内各地で開催され、多数の見物客が訪れます。

UIターン支援施策

雲南市

就職関連

【就職相談】

雲南市無料職業紹介所とハロ−ワークによる職業紹介を行います。

(問合先/商工振興課 TEL:0854-40-1052)

【企業人材確保支援事業】

UIターン者の採用時に事業主が支給した入社支度金等を助成しています。

(対象業種は、建設業、福祉・介護事業、製造業、ソフト産業、宿泊業)

起業関連

【起業・創業に関する相談】

相談の内容に応じて、各支援機関と連携して起業・創業をサポートします。

(問合先/商工振興課 TEL:0854-40-1052)

【地域産業維持のための支援制度】

開店や事業継承を予定している方を対象とした支援、店舗改装や店舗家賃に対する補助を行っています。

・地域商業等支援制度 ・商工業活性化支援制度

(問合先/商工振興課 TEL:0854-40-1052) 

【中小企業への支援制度】

新商品開発に要する経費の補助、中小企業への金融支援を行っています。

・新商品開発及び販路拡大事業補助金 ・6次産業化・農商工連携推進事業補助金 ・中小企業信用保証料補助

[雲南市内企業紹介サイトwork in unnan http://co-unnan.jp/work/]

(問合先/商工振興課 TEL:0854-40-1052) 
新規就農

【就農サポート事業】

農業研修を経て就農される方へ、研修・就農・定住をトリプルサポートします。

≪研修資格≫市内で就農を希望する概ね40歳までの方等

≪研修期間≫・雇用就農を目指す方 1年間 ・自営就農を目指す方 最大2年

≪生活支援≫12万円/月(市内に生活基盤があり、実家等から通う場合は9万円/月)

※中学生以下の子どもを同伴する場合は加算あり

≪就農準備金≫研修終了後、自営就農される方については営農準備に必要な経費の1/2(上限100万円)を助成

(問合先/農政課 TEL:0854-40-1051)

住宅・空き家

【空き家バンク】

市内にある空き家物件情報の利用を希望される方へ提供しています。農地付空き家制度もあり、農ある暮らし、スローライフも送れます。

[ほっこり雲南 空き家バンク http://hokkori-unnan.jp/akiyabank/akiyabank-info.php]

【空き家改修事業補助金】

雲南市への移住を目的に空き家の改修を行う場合に、改修費用の一部を助成します。

≪対象者≫

(1)市外から雲南市に移住される方(市外に5年以上在住)

(2)空き家物件の所有者、地域自主組織、自治会等、NPO法人

≪補助率≫対象経費の1/2

≪補助金額≫上限50万円(夫婦の年齢または夫婦いずれか一方の年齢が40歳未満である世帯、または年齢が16歳未満の子どもがいる世帯は上限100万円)

(問合先/うんなん暮らし推進課 TEL:0854-40-1014) 
  【三世代同居促進支援】

親等の世代が子育て世代と新たに三世代(親、子、孫等)で同居を始めるに際して、所有する住宅を改修又は増築する場合に、費用の一部を助成します。

≪対象者≫補助申請を行う年度中に新たに三世代同居を行う世帯の方

≪対象住宅≫三世代同居する世帯の方が、都市計画区域外に所有し居住する建物

≪補助率≫対象経費の1/5

≪補助金額≫上限30万円

(問合先/うんなん暮らし推進課 TEL:0854-40-1014)

【民間住宅地の購入支援】

子育て世帯が住宅を取得することを目的に、民間売買により宅地を購入する場合、購入費に対し補助を行います。

≪対象者≫次のいずれかに該当する世帯の方

(1)夫婦の年齢又は夫婦いずれか一方の年齢が40歳未満である世帯

(2)年齢が16歳未満の子どもがいる世帯

≪対象住宅地≫

(1)平成27年4月1日以降の売買契約によるもの

(2)宅地購入額が100万円以上であるもの

≪補助率≫対象経費の1/10

≪補助金額≫上限50万円

(問合先/建築住宅課 TEL:0854-40-1065) 

【市営住宅への入居支援】

入居可能な住宅を、毎月市報うんなん、市ホームページで紹介しています。

また、以下の全てに該当する場合、申請に基づき定住促進住宅及び特定公共賃貸住宅の家賃を一部減額します。

≪対象者≫

(1)木次東団地・加茂中団地・瑞光団地・下郡団地へ入居する世帯

(2)1年以上以外で居住し、転入する世帯

(3)申請時に出生した日から15歳に達する日以後の最初の3月31日までにある子どもと同居する世帯

≪金額≫子ども1人につき5,000円(3人まで)

≪減額期間≫申請のあった日の属する月の翌月の家賃から3年間

≪申請期限≫平成33年3月31日

(問合先/建築住宅課 TEL:0854-40-1065) 

【固定資産税の課税免除】

住宅を新築または建売住宅を購入した場合、その住宅にかかる固定資産税を条件に応じ、一定期間課税免除します。

子育て世帯以外は3年または5年、子育て世帯は5年または7年。詳しくは、お問い合わせください。

(問合先/税務課 TEL:0854-40-1034) 
お試し体験

【田舎暮らし体験・交流の発信】

定住情報サイト「ほっこり雲南」上で、市民が主体の体験や交流を目的とした田舎ツーリズムなどの活動を紹介しています。

【うんなん暮らし体験プログラムの実施】

気軽に田舎暮らしを体験できる1泊2日のお試し移住体験です。参加者の体験したい内容に合わせてオリジナルのプログラムを組み立てます。 

【アグリキャンパス】

地域づくりを担う住民組織で農業の技術を学び、農村での暮らしやコミュニティにふれあう体験ができます。 

【IT開業体験プログラム】

地方へ生活拠点を移すこと(又は2拠点居住)を模索されるIT産業従事者に、暮らし・働き体験できる体験プログラムを提供しています。(交通費・宿泊費等助成あり。企業単位の実施も相談ください) 

情報提供

【定住情報サイト「ほっこり雲南」】

  • 定住情報サイトを開設し、空き家情報やUIターン者の体験談などの情報を発信しています。雲南暮らしを楽しむための情報も満載です。
    [定住サイト「ほっこり雲南」 http://hokkori-unnan.jp/]

【子育てポータルサイト】

保育園や予防接種等の情報に加え、保育料金のシミュレーションもできます。

[雲南市子育てポータルサイト http://kosodate-unnan.jp/

【Work in Unnan】

雲南市内の企業情報を見れます。

[雲南市内企業紹介サイト「work in unnan」 http://co-unnan.jp/work/

【島根県雲南市役所Facebook】

最新の情報を常に手に入れることができます。

[島根県雲南市役所Facebook https://www.facebook.com/unnan.shimane/

【雲南市公式アプリ】

スマートフォンやタブレットから、いつでも便利に暮らしの情報を調べることができます。

[雲南市公式アプリ http://hokkori-unnan.jp/korekara/unnan-app/

子育て支援

【不妊治療の助成】

(1)一般不妊治療費助成

一般不妊治療を受けようとするご夫婦の精神的・経済的負担の軽減を図ります。

≪助成金額≫上限10万円/年

≪助成期間≫初回受信日から起算して3年間

(2)特定不妊治療費

島根県の特定不妊治療費助成制度に上乗せして助成します。

≪助成金額≫上限75,000円/回 ※男性不妊治療を行った場合は上限5万円/1回

(問合先/健康づくり政策課 TEL:0854-40-1040)

【保育料の減免】

第3子以降の児童・幼児にかかる保育料・認定子ども園・幼稚園保育料の無料化や3歳未満時の第1子・第2子保育料の軽減、年間を通じて土曜日に休む場合は減額します。

(問合先/子ども政策課 TEL:0854-40-1044) 

【子どもの医療費の助成】

0歳から15歳(中学校3年生)までの医療費が無料です。

(問合先/市民生活課 TEL:0854-40-1031) 

【子育て支援施設】

地域ぐるみの子育てをしています。

・病児、病後児保育室(有料)

・ファミリーサポートセンター(300〜400円/30分)

・子育て支援センター(無料)

・放課後児童クラブ

・放課後子ども教室(参加費、材料費負担の場合あり)

(問合先/子ども政策課 TEL:0854-40-1044、社会教育課 TEL:0854-40-1073) 

【雲南市母子健康包括支援センター】

雲南市役所健康推進課内に、雲南市母子包括支援センター「だっこ♪」を開設しています。「だっこ♪」は、妊娠期から子育て期まで切れ目ない支援を行います。妊産婦の方や子育て家庭のみなさんが、安心して妊娠・出産・子育てできるよう、相談に応じます。 

【育児相談】

発育・発達、離乳食、歯のお手入れなど子育ての悩みに応じます。

≪対象者≫小学校就学前までのお子さんとその保護者

≪場所≫子育て支援センター、健康福祉センターなど ※保健師・助産師・栄養士等が相談に応じます。

【妊婦サロン】

ママ同士でお友だちを探している方や先輩ママに相談したい方の交流の場を設けています。妊婦さん同士の交流もできます。 

【妊婦サロン】

ママ同士でお友だちを探している方や先輩ママに相談したい方の交流の場を設けています。妊婦さん同士の交流もできます。 

【UNNANアートスタート】

小さな子どもたち、そして親子のための「アート体験」のイベントで、0才からでも楽しめるものもあります。 

【UNNAN子育ち応援会議】

「雲南市でこれからもずっと子育てしていくために」をコンセプトに市内外のママパパ世代と行政で雲南市の子育て環境について話し合ったり、イベントを企画・運営したりしています。 

その他支援

【定住推進委員・定住企画員】

定住相談の総合窓口として専属スタッフを配置し、空き家等の住所情報の提供や就業・就農支援、定住後の生活サポートなど定住促進に努めています。

【地域の課題解決や未来を創造するチャレンジを応援する「幸雲南塾」】

チャレンジャーを応援する伴走型支援制度です。市内で起業や事業継承、地域づくり活動などが新たに動きだしています。 

【キャリア教育】

休日に開催する「どようび☆えいご」は100人以上の小学生が登録しています。

市内各小中高校には「行政・民間・地域」を繋ぐコーディネーターを配置。認定NPOや地域住民・組織と連携した、地域や都市部・海外へ飛び出すグローカルな学習も展開されています。 

UIターン窓口情報

UIターン担当課名 政策企画部 うんなん暮らし推進課
定住支援担当者名(職名)
  • 西村健一  (課長)
  • 野々村一彦 (副主幹)
  • 松井英樹  (副主幹)
  • 須藤和裕  (定住企画員)

若槻莉那  (定住企画員)

原田信二  (定住推進員)

吾郷篤史  (定住推進員)

    〒699−1392 島根県雲南市木次町里方521-1
所在地
TEL / FAX 0854-40-1014 / 0854-40-1019
E-mail unnangurashi@city.unnan.shimane.jp
市町村ホームページURL http://www.city.unnan.shimane.jp/
UIターン関係ホームページURL

雲南市子育てポータルサイト http://kosodate-unnan.jp/

これから。雲南 http://hokkori-unnan.jp/korekara/

ほっこり雲南 http://hokkori-unnan.jp/

空き家バンク(情報)URL これから。雲南 http://hokkori-unnan.jp/akiyabank/
その他お役立ち情報URL

雲南市ブランドサイト http://www.co-unnan.jp/

雲南市観光協会 http://www.unnan-kankou.jp/

担当よりひとこと

 雲南市

「幸運なんです。雲南です。」私たちのまち雲南市には、さまざまな幸が溢れています。オススメは何といっても「食の幸」。地元食材でつくる学校給食を食べる子どもたちは毎日元気いっぱいです。そして四季をめいっぱい感じることのできる自然の風景。ぜひ、あなたの幸を探しに雲南にお越しください。専属の定住支援スタッフがあなたの暮らしをサポートします。

お問い合わせ