安来市(やすぎし)安来市(やすぎし)

安来市は島根県の東端に位置し、東は鳥取県米子市、西は松江市に隣接しています。中国山地に囲まれた緑豊かな山間地から、中海に面する都市部にいたるまで様々な表情を持っており、農業と製造業が盛んなまちです。寒暖の差が厳しい山間部ではその気候を生かした良質米が生産され、平野部では大規模圃場で農業が盛んに行われています。中海に近い臨海部は金属関連製造業を中心とした、多様な産業が集積しています。山間部から都市部まで様々な生活環境が整う安来市で新しい生活を始めてみませんか。

安来市の特徴

  • 「どじょう掬い踊り」で有名な安来節のふるさと

    安来市

    民謡としての知名度よりも、「どじょうすくい踊り」といった方が万人に知られているであろう島根県の伝統民謡を代表する「安来節」。安来節演芸館では本場の安来節を毎日上演しています。

  • 13年連続日本一の庭園

    安来市

    安来市が誇る日本一の庭園を擁する「足立美術館」。その5万坪の庭園は米国の日本庭園専門誌の日本庭園ランキングで、桂離宮(京都府)などを抑え、13年連続第1位の座に。
    参考:足立美術館

  • ハガネのまち

    安来市

    安来から奥出雲地方にかけては古くから良質の砂鉄が取れ、「たたら製鉄」が盛んでした。その流れをくむ製造業(日立金属安来工場)が現在も市の基幹産業であり、刃物から航空機産業まで幅広い金属関連産業が発達した「ハガネのまち」として世界的に有名です。

市町村概要

人口 39,723人
面積 420.93km2
主産業
  • ・金属関連製造業
  • ・農業
特産品 たけのこ、いちご、どじょう、お茶、二十世紀梨、清水羊羹、広瀬絣
観光スポット・見どころ 安来節演芸館、足立美術館、清水寺、月山富田城跡、和鋼博物館、十神山、社日公園、金屋子神社、鷺の湯温泉
祭り・伝統行事紹介 4月:桜まつり・はくたチューリップ祭 5月:やすぎ刃物まつり 7月:ひろせ祇園祭・母里夏祭り 8月:やすぎ月の輪まつり、安来節全国優勝大会 11月:なかうみマラソン全国大会 12月:母里市 1月:安来節唄い初め会

ライフスタイル

onsen

安来節演芸館・足立美術館に隣接する「さぎの湯温泉」、月山富田城跡に隣接する「広瀬温泉」、比田の山あいにある「比田温泉」の3つの温泉地があります。疲れた身体をリフレッシュするには最適です。

shinwa

地名の由来:神代の昔、スサノオノミコトがこの地方に国境いを作って歩かれたとき、この地に来られ「吾が御心は安平(やす)けくなりぬ」といわれたことから「安来(やすぎ)」というようになったと伝えられています(出雲国風土記から)。

shinwa

やすぎ月の輪まつり:「出雲国風土記」の一説に残るかの有名な「猪麻呂伝承」。この物語で黄泉の国へと旅だった語臣猪麻呂(かたりのおみのいまろ)の娘の霊を慰めるため始まった慰霊祭が、このまつりの起源とされています。三日月型の大きな紙灯ろうを掲げた4台の山車が、勇壮な笛や太鼓の演をしながら市内を練り歩きます。

shinwa

金屋子神話民俗館:製鉄や鍛冶の 神様を記した神話「金屋子」。中国地方の産業の歴史を物語る、その偉大な神「金屋子さん」をテーマに、原始時代とよばれる大昔から現代にいたるまで、どの ようにしてこの地域に住み、長い歴史の歩み、村の祭りや行事を通じて、集落の繁栄や安全をどのように願ってきたのかを知ることができます。

shinwa

比婆山:比婆山は標高320mの山で、古事記に国生みの女神、イザナミノミコトが葬られた場所として記され、山頂には御神陵と安産、子授け、子育ての久米神社があり、遠く能義平野、大山、島根半島まで眺望でき、また、珍しい玉抱石やこの山にしか自生していない島根県の天然記念物である陰陽竹の群生地があります。

bijyutsu

足立美術館:足立美術館は、安来市出身の実業家「足立全康」氏が個人蒐集した美術コレクションを基に、昭和45年に創設された美術館。横山大観コレクションをはじめとする名画の数々に、海外の雑誌で日本一の庭園と称された枯山水式の庭園が、常に来館者を魅了し続けています。

bijyutsu

加納美術館:加納莞蕾をはじめとした地元広瀬町出身作家の作品展示、アートを通して文化の交流をテーマにした美術館。彫像・西田明史や木彫・細田育宏の作品に加え、備前焼「中興の祖」と言われる金重陶陽を中心とした5人の人間国宝の陶磁器なども揃っています。

bijyutsu

安来節演芸館:全国的に唄い親しまれている安来の民謡「安来節」の殿堂。生の安来節(唄・踊り)を1日4回公演。レストランでは安来の特産・どじょうを使ったお料理が食べられます。特産品をそろえたお土産処もご利用下さい。

bijyutsu

和鋼博物館:古くから奥出雲地方で生産された鉄の集散地として発展を遂げた安来市。炎と鉄と人の歴史に出逢える「和鋼博物館」では、鉄の歴史や文化を楽しく学ぶことができます。

mountaineerin 

月山富田城跡:出雲地方一帯を、戦国の世の長きに渡り率いてきた尼子一族。居城となった月山富田城をはじめ、一度は滅ぼされながらも名参謀・山中鹿介の手により企てられた再興計画の足跡が広瀬町の各所に見られます。

jyoka

伯太町の東母里地区には、江戸時代の武家屋敷が立ち並び、母里藩一万石の城下町の面影を今に伝えます。春のひなめぐりやチューリップ祭り、冬の母里市など多くの人が母里の街を訪れます。

dentou

広瀬絣センター:松江市、米子市からほぼ車で約30分に位置する広瀬絣センター。広瀬絣伝習所、物産コーナー、喫茶室などで構成され、町を訪れる人達が気軽に広瀬の伝統を知るカルチャーセンターとなっています。

dentou

のき白鳥の里:能義平野の大地、白鳥が飛来する豊かな自然の一環に、 絣織りの伝統工芸の紹介や展示、また地域の特産品、新鮮な農産物の販売、白鳥観察棟などを配置した農村公園。自然とのふれあいの場、憩いの場として、地域活性化を促進します。

kaisui

なぎさ公園(十神山):「安来千軒名の出たところ、社日桜に十神山」と安来節にも唄われ、昔から安来のシンボルとして親しまれて来た十神山。山の一角に砂浜とキャンプ場などを設け、さらに全体を総延長3.5kmの遊歩道で整備したのがこのなぎさ公園です。園内には、ログハウス風の水鳥観察ハウスもあります。

camp

なぎさ公園(十神山):「安来千軒名の出たところ、社日桜に十神山」と安来節にも唄われ、昔から安来のシンボルとして親しまれて来た十神山。山の一角に砂浜とキャンプ場などを設け、さらに全体を総延長3.5kmの遊歩道で整備したのがこのなぎさ公園です。園内には、ログハウス風の水鳥観察ハウスもあります。

camp

上の台緑の村:標高330mに位置するアウトドアレジャー施設。東に大山、北に中海、島根半島を眺望でき、周辺には、町内最大規模の茶畑も。コテージが7棟、キャンプ場にはテントサイトが大小合わせて12面あり、手軽にキャンプが楽しめる。園内にはバーベキュー施設も備え、家族連れ、グループでの行楽には最適のスポットです

camp

山佐ダム:ダム湖山美湖(やまびこ)湖畔の壮大な自然に木造のコテージが2棟。施設内は、バス・トイレ・冷暖房・冷蔵庫・食器類などもすべて完備し、誰でも気軽にアウトドアライフを満喫できます。また、小さな子どもを抱えた家族でも楽しめるよう、敷地内に遊び場も。このほか森林浴、野鳥観察など様々な楽しみ方を提案しています。

rfishing

中海:ラムサール条約登録湿地である汽水湖「中海」では、ゴズ(ハゼ)釣りが沿岸各所で楽しめます。

mountaineerin

十神山・清水寺・月山をはじめ市内各所に気軽に登れる山や名勝が多数あります。頂上付近からは、中海はもちろんのこと、島根半島や大山などの美しい眺望がひらけています。

therapy

鷹入り滝:鳥取県との県境、標高706mの鷹入山中腹にある三段の滝。本滝の高さは10m、木々に被われた薄暗い岩壁の中を一気に落ち、滝壺の前には伝説の女神を奉ずる祠があります。その神水は「名水百選」にも選定。

therapy

清水寺:天台宗の古刹。5万坪の境内には、三重塔など、県や国の重要文化財も数多く、荘厳な空気に包まれています。境内にある旅館では、寺坊伝統の肉、魚を一切使わないヘルシーな精進料理も名物。約100本のソメイヨシノが三重塔を背景に咲く春の風景も情緒豊かです。

fruit

ブドウ狩り:広瀬町の月山富田城跡周辺や中海干拓地内では、7月〜10月の間、ブドウ狩りが楽しめます。

fruit

梨狩り:山陰秋の味覚の王様・梨。もぎたてを楽しみたいなら、やっぱり果樹園へGO!豪快にかぶりつくのが味覚狩りの醍醐味。

   【田舎ツーリズム】
 地域の皆さんと交流し、実際の生活がどんなものであるか情報収集したり、経験する機会として利用してみませんか。
 安来・広瀬・伯太の3エリアに個性豊かな3施設。季節を通じてのご利用がお勧めです。

くらし情報

医療

医療施設

病院数:4

一般診療所数:22

歯科診療所数:9

医療支援施策
  • ・在宅医当番制事業
    ・医学生・看護学生等奨励金貸与事業
    ・骨髄移植ドナー支援事業
URL http://www.city.yasugi.shimane.jp/kenkou/kenkou-shinryou/

福祉等

福祉施設

保護施設
救護施設数:0 医療保護施設数:0 授産施設数:0

老人福祉施設等

養護老人ホーム数:1 特別養護老人ホーム数:4 軽費老人ホーム数:1
有料老人ホーム数:2 老人短期入所施設数:1 老人福祉センター数:3

介護保険施設等

介護老人福祉施設数:4 介護老人保健施設数:3 介護療養型医療施設数:4
訪問介護事業所数:7 訪問看護ステーション数:4 通所介護事業所数:15

身体障がい者福祉施設

視覚障がい者情報提供施設数:0 聴覚障がい者情報提供施設数:0 身体障がい者福祉センター数:0

障がい福祉サービス施設

居宅介護事業所数:5 短期入所事業所数:2 療養介護事業所数:0
生活介護事業所数:3 自立訓練事業所数:1 就労移行支援事業所数:0
就労継続支援(A型・B型)事業所数:6 共同生活介護・共同生活援助事業所数:3

児童福祉施設

児童一時保護所数:0 助産施設数:0 乳児院数:0
児童自立支援施設数:0 児童養護施設数:1 児童家庭支援センター数:0
児童発達支援事業所数:0 医療型児童発達支援事業所数:0 放課後等デイサービス事業所数:1
福祉型障がい児入所施設数:0 医療型障がい児入所施設数:0 重症心身障がい児施設数:0
母子生活支援施設数:0 児童厚生施設(児童館)数:0 保育所数:19
児童館数:1 認定こども園:12
高齢者福祉支援施策
  • ・高齢者の方の総合相談窓口として、安来地域包括支援センターを設置
  • ・緊急通報電話設置事業
URL http://www.city.yasugi.shimane.jp/kenkou/kaigo-koureisya/
子育て支援施策
  • ・第3子以降保育所・幼稚園保育料無料化事業
  • ・乳幼児等医療費助成制度
  • ・放課後児童クラブ
URL http://www.city.yasugi.shimane.jp/kenkou/kosodate/

学校

学校

幼稚園数:4

(うち私立0校)

小学校数:17

(うち私立0校)

中学校数:5

(うち私立0校)

高等学校数:2

(うち私立0校)

特別支援学校数:1

その他特色ある学校(専修学校、大学、短大を含む)、教育施策などの紹介

  • ・島根総合福祉専門学校(介護福祉士・保育士養成)
教育支援施策
  • ・ふるさと教育推進事業
  • ・スクールバス事業 

その他

インターネット接続状況
(ブロードバンド)
光回線(FTTH)

ADSL

CATV

買い物情報
  • 安来地域:24時間営業のスーパーを含め各所にスーパー・コンビニあり。家電量販店・ホームセンターもあり。
    広瀬地域:町内に商店有り。広瀬地区内にはスーパー・コンビニ・ホームセンターあり。
    伯太地域:町内に商店あり。伯太庁舎近辺には、コンビニあり。

UIターン支援施策

安来市

就職関連
  • 【無料職業紹介】
  • 市役所内に無料職業紹介所を開設しています。移住に関するご相談もお受けします。(定住サポートセンター 0854-23-3056)

    【就職ナビ】
     中海圏域の4市(安来市・松江市・米子市・境港市)が共同で運営する新卒者向けの就職活動応援サイトです。登録し学生会員になると、電子メールにより、企業情報、採用情報、各種説明会等の開催案内の更新通知を受けることができます。
     また、「就職ナビ」に会員登録している企業の採用担当者と学生との情報交換のためにガイダンスを開催しています。(中海圏域就職ナビ http://www.nakaumi-shushokunavi.com/

    【安来市立病院】
     安来市立病院では看護師を随時募集しています。見学にかかる旅費の補助や寮の完備もあります。また、一定期間現場を離れていた方の復帰も支援しています。(安来市立病院 0854-32-2121)
起業関連
  • 【産業サポートネットやすぎ】
    安来市では「産業サポートネットやすぎ」が中心となり、新規事業や技術・商品開発、販路の拡大など、商工業、農林業、観光業等関係機関と連携してサポートをします。(産業サポートネットやすぎ http://yasugi-ssy.net/

    【商業再生支援事業】
    市内における商業機能の維持・向上、快適な買物環境の創出による地域経済の活性化を推進するための支援制度です。(商工観光課 0854-23-3335)

新規就農
  • 安来市新規就農研修制度

    新規就農に必要な農業技術や経営管理を習得するために、新規就農研修を実施しています。
    研修対象者/64歳未満で、研修終了後安来市に在住し、新規就農が可能な人
    研修期間/1年間
    研修支援/
    ・滞在費支援(UIターンのための島根の産業体験事業を活用)
    ・滞在施設(宿泊施設の利用)
    ワンルーム、ロフト付、使用料2万円/月(光熱水費は実費負担)、無料駐車場あり

  •  
    就農・定住パッケージ
    受け入れ集落・師匠・農地・園芸施設に加え住居をパッケージ化した、UIターン就農者向け支援メニューです(住宅は入居者と安来市との協議によるオーダーメイド住宅)。

住宅・空き家
  • 空き家バンク
     居住されなくなった空き家の利活用を目的に「空き家バンク」を運営しています。物件の情報提供及び空き家に入居を希望される方と所有者(売却または賃貸)のマッチングをし、定住と地域の活性化を推進します。
    新婚世帯またはUIターン者を対象に、民間賃貸住宅への入居に対し、家賃の一部を補助します。

  •  

  • 定住促進団地 "ハーモニータウン汐彩"
     中海を望む風光明媚で閑静な住宅街。JR安来駅に近く、米子市へのアクセスが便利です。
     http://www.city.yasugi.shimane.jp/busyo/kiban/toshikeikaku/town/


  • 市営住宅
     賃貸から始めたいかたへ。単身からファミリータイプ、バリアフリー住宅もあります。
     http://www.city.yasugi.shimane.jp/seikatsu/juutaku/


  • 安来市定住推進支援事業補助金
     安来市内での住宅の新築・取得、並びに増改築による市内への定住を支援します。
     (1)新築・取得 : 最大100万円(UIターン、子育て世帯等一定条件を満たす場合には更に上乗せがあります)
     (2)増改築等:子育て世帯・三世代同居等で間取りの変更を伴うもの 最大50万円
              空き家バンク登録物件 最大30万円
       (3)賃貸住宅家賃助成:新婚世帯またはUIターン者を対象に、民間賃貸住宅への入居に対し、家賃の一部を補助します。
     補助額 1万円/月、最大36月 (空き家バンク登録物件を賃貸する場合は1万5千円/月、世帯員全員が40歳未満の場合は2万円/月)

体験・研修

【お試し住宅】(H28.7月から)
 広瀬町比田地区に1棟。最低3日から最長3ヶ月の間、中山間地域の生活を体験できます。

【体験セミナー】
 農業体験や地元産業の視察、UIターンにより安来市で農業を頑張っている人たちとの交流を通じて、安来の農業、暮らしを体験することにより、安来魅力のPRを図ります。

情報提供
  • 安来市HPに定住に関する情報を掲載し、情報提供を行っています。

    また、しまねUIターンフェア、島根ふるさとフェアなどの定住相談会に参加し、ブースで安来市の基本情報に加え市独自の支援策など情報提供します。

子育て支援
  • 保育料軽減、乳幼児等医療費助成制度、子育て応援サイト、子育て支援センター、など地域社会全体で子育てを支援する取り組みを進めています。

    【乳幼児等医療費助成】 中学校3年生までの医療費無償化を行っています(H28.4月〜)。
    【保育良軽減】
    一定所得以下の世帯の第1子(2歳児まで)、第2子・第3子(3歳児まで)の保育料軽減、第3子以降就学前保育料無料(4・5歳児)を行っています。(保育所(園)、幼稚園、認定こども園いずれも対象)
    【ママフレ】
    子育てに関する行政サービスやイベント情報をウェブサイト、スマホアプリで発信しています。(ママフレ https://yasugi-city.mamafre.jp/)
    【子育てお出かけマップ】子育てに役立つ施設の場所や情報を地図から探せます。(子育ておでかけMAP http://yasugi-kosodate.org/index.php)
    【出産記念品の贈呈】
    お子さまの誕生をお祝いして、記念の品をお贈りします。
    【子育て支援センター】子育てに関する相談や情報提供、子育て家庭の友だち作りや交流の場の提供、子育てサークルの活動支援などを行っています。常駐している保育士、保健師、管理栄養士、ケースワーカーが相談に応じています。
    【ファミリー・サポート・センター】
    地域で育児の援助を受けたい人と援助を行いたい人が会員となり助け合う会員組織です。
    【つどいの広場】
    自由に遊べる場の提供をしています。子育てに関するご相談に応じています。
    【放課後児童クラブ】
    家族が就労等している小学校1〜6年生を対象に、授業終了後や長期休業中の居場所を確保します。
    【シルバー人材センター】
    家事援助、子守などの福祉サービスを行っています。
    【おたふくかぜの予防接種】
    接種費用の2回分を全額助成します。(子ども未来課 0854-23-3222)
    【不妊治療費助成制度】
    治療による経済的な負担を少しでも減らし、多くの方が治療を受けられるようお手伝いしています。(子ども未来課 0854-23-3209)

その他支援
  • 【結婚活動支援事業】
    独身男女を対象とした出会いイベントを中海・宍道湖・大山圏域の12市町の共催事業として実施します。

    【結婚相談事業】
    安来市では結婚相談員を設置しています。市内で毎月1回相談窓口を設け、結婚に関する相談や出会いイベントのお知らせを行います。(定住推進課 0854-23-3056)

UIターン窓口情報

UIターン担当課名 政策企画部定住推進課
定住支援担当者名(職名)

大谷 宏   (主査)

足立 咲樹(主任主事)

所在地 〒692-8686 安来市安来町878-2
TEL / FAX 0854−23−3059 / 0854−23−3061 
E-mail mailto:kikaku@city.yasugi.shimane.jp
市町村ホームページURL http://www.city.yasugi.shimane.jp/
UIターン関係ホームページURL やすぎぐらし
http://www.city.yasugi.shimane.jp/busyo/seisakukikakubu/teijyuukikakuka/oshirase/teijyu/
空き家バンク(情報)URL http://yasugi-gurashi.jp/article/
その他お役立ち情報URL

安来市新規就農研修制度

http://www.city.yasugi.shimane.jp/busyo/sangyou/nourin/kensyu/

安来市観光協会

http://www.yasugi-kankou.com/

担当よりひとこと

安来市
安来市では、定住サポートセンターを立ち上げ、移住を考えておられる方に、就職・就農・住宅支援・子育て等きめ細やかな支援を行っています。
県内一の就農研修制度や安来市独特の金属関連企業への就職支援で積極的に移住をサポートしています。

お問い合わせ