松江市

移住相談窓口

私たちが相談に乗ります。どんなことでもお気軽にご相談ください!

企画課

  • 0856-77-1437
  • kikaku@town.yoshika.lg.jp

おすすめ情報

基本情報

人口・面積

人口:6,178人 面積:336.5km2

特産品

わさび、有機野菜

主な観光スポット

むいかいち温泉ゆ・ら・ら、木部谷温泉、大井谷棚田、水源会館

祭り・イベント

きん祭みん祭農業文化祭、水源祭り、吉賀町ふるさと夏祭り

こんな人におすすめ

Point1

有機農業に関心がある方

 
Point2

子育て環境を重視する方

 
Point3

医療、介護の仕事を希望している方

 

お試し暮らし
体験施設

移住お試し住宅

本町へのIターン希望者向けに滞在して生活体験ができる『移住お試し住宅』を開設しています。

場所
吉賀町柿木
戸数
3
使用期間
1か月以上1年以内※子育て世帯は2年可能
使用料等
17,500円〜35,000円/月(子育て世帯は半額)
問合せ先
吉賀町企画課 0856-77-1437

移住支援

仕事に関する
支援メニュー

【無料職業紹介所】

町内やUIターン希望者に町内の求人情報をご紹介します。吉賀町ホームページで閲覧することができます。

企画課

0856-77-1437

0856-77-1437

町の産業育成、それに伴う地域の商工振興の活性化を図るため、創業を支援することを目的とした事業です。町内で創業する方に対し、創業に要する経費の一部を補助します。

産業課

0856-79-2213

【新規就農者支援】

有機農業を実践したい、半農半Xに興味がある等、新規就農をお考えの方はご相談ください。

産業課

0856-79-2213

暮らしに関する
支援メニュー

【子どもの医療費の無償化】

0歳から高校卒業までの子どもの医療費を全額助成します。

保健福祉課

0856-77-1165

【保育料、学童保育利用料の無償化】

第1子より、保育料と学童保育利用料が完全無償となります。

保健福祉課

0856-77-1165

【給食費の無償化】

町内小中学校の給食費を全額助成します。

教育委員会

0856-77-1285

【不育症治療費助成】

不育症治療に要する費用の一部を助成します。 《助成金額》1治療期間ごとに上限30万円

保健福祉課

0856-77-1165

【不妊治療費助成】

不妊治療に要する費用の一部を助成します。 《助成金額》1期間につき上限9万円(1期間を12か月とする) 《上限回数》3期間まで

保健福祉課

0856-77-1165

【妊産婦通院助成】

町外の医療機関において、妊婦健康診査、分娩及び産後1か月健康診査のための通院に要した費用の一部を助成します。 《回数》上限16回

保健福祉課

0856-77-1165

住まいに関する
支援メニュー

【空き家情報バンク】

町内の空き家情報をご紹介します。

企画課

0856-77-1437

【空き家活用集落担い手確保事業補助金】

空き家情報バンクに登録された家屋の改修に要する経費を助成します。申請区分により補助率、限度額が異なります。 《補助率》1/2〜3/4 《補助金額》上限50〜150万円

企画課

0856-77-1437

支援制度

【UIターン子育て支援事業補助金】

平成23年4月以降に中学生以下の子ども同伴で転入したUIターン世帯に対して補助金を交付します。 《補助金額》 転入してから1年経過後に10万円、2年経過後に10万円、3年経過後に10万円

企画課

0856-77-1437

体験

【移住体験滞在施設(移住お試し住宅)】

吉賀町へIターンを希望される方がご利用できます。 (冷蔵庫、洗濯機、ガスコンロ備え付き) ≪入居期間≫  原則1年以内 ≪使用料≫  15,600〜35,000円/月  子育て世帯の場合、入居期間は2年以内、使用料は通常の半額となります。

企画課

0856-77-1437

その他の支援

【吉賀町移住交流ポータルサイト「 吉賀町でくらす」】

移住お試し住宅や空き家情報、移住体験談、移住交流プログラム、イベント情報等の移住交流に関する最新情報をご紹介します。 [吉賀町でくらす http://www.town.yoshika.lg.jp/iju/]

企画課

0856-77-1437

【「よしか暮らし相談員」の配置】

移住前の相談から移住後のフォローまでのワンストップ窓口としてサポートします。

企画課

0856-77-1437

移住情報サイト等