川本町(かわもとまち)川本町(かわもとまち)

川本町(かわもとまち)は、島根県のほぼ中央に位置し、町域を流れる江の川の水運により、古くから栄えた小さな町です。人口約3,300人ですが、豊かな自然や文化のほか、特色ある教育環境があり、子育て環境の充実にも取り組んでいます。子供〜大人まで世代を超えた交流にも力を入れています。

川本町の特徴

  • 豊富な自然と生活の利便性をバランス良く兼ね備えています

    川本町

    江の川や美しい田園風景の中で田舎的な生活を楽しめるだけでなく、病院、学校、買い物、金融機関、公的機関等が存在し、田舎暮らしする上では最低限の条件が揃っています。 また、1時間程度のドライブで、出雲市、浜田市、江津市、大田市まで移動可能です。高速道路を利用すれば、1時間30分程度で広島市内へも行けます。

  • 注目の健康機能性食品「エゴマ」が特産品です

    川本町

    栄養価値が非常に高く「陸の青魚」と言われているエゴマが特産品です。川本町ではエゴマの生産が盛んなほか、道の駅等で様々な加工品が販売されています。

  • 「学び」の環境が充実しています

    川本町

    町内に保育所、小学校、中学校、県立高校が揃っており、教育環境の充実に力を入れています。また、多世代での交流や地域と関わりながら学ぶことを大切にして、川本だからこその教育を行っています。

市町村概要

人口 3,200人
面積 106.39Km2
主産業 農業、サービス業
特産品 エゴマ、鮎、ツガニ、えごま鴨
観光スポット・見どころ
  • 希少植物イズモコバイモ、ユキワリイチゲの群生地(3月開花)
  • 獏頭の玉枕(長江寺)
  • その他四季折々の自然風景
祭り・伝統行事紹介

ええなあまつりかわもと(江の川名物花火大会)、産業祭

石見神楽(5社中あり)、江川太鼓、丸山雲海(10月〜11月)

UIターン支援施策

川本町

仕事

【起業・事業承継を応援します!】

空き店舗や空き家、地域資源を活用した起業を目指す方の相談や支援を行います。空き店舗等の活用による新規出店に対する助成制度や、ビジネスプランコンテストを開催しています。
・家賃及び店舗改装経費等の補助空き店舗等の活用による新規出店に要す
る経費を助成します。
川本町起業支援サイト「つながる かわもと」
http://tsunagaru-kawamoto.jp
産業振興課 TEL 0855-72-0636

【弓市ビジネス・チャレンジ・コンペティション】

起業支援の取り組みとして「 弓市ビジネス・チャレンジ・コンペティション( 通称:弓チャレ)」と題したビジネスコンテストを毎年開催しております。「弓チャレ・アントレプレナー」として選出された場合、地域おこし協力隊として委嘱され、3年間起業に向けたスタートアップサポートが受けられます。
弓チャレ特設サイト http://yumichalle.jp/
産業振興課 TEL 0855-72-0636

【就農にチャレンジする方を応援します!】

就農希望者について、随時相談を行っています。国や県などの助成事業を活用し、就農希望者の支援を行います。
産業振興課 TEL 0855-72-0636

【エゴマBiz. Player 制度】

・川本町に移住し、栽培から商品開発、販売までの総合ビジネスを展開したいかたを対象とした制度です。
《対象》
 ・ 川本町に移住しエゴマとビジネスに興味のある方
 ・20〜50歳までの普通免許を有する方
《研修先・期間》
 ・株式会社オーサン
 ・3年間
《待遇》
 ・地域おこし協力隊として委嘱
産業振興課 TEL 0855-72-0636

暮らし 【保育料完全無料】
安心できる子育て環境づくりを推進するため、利用者全世帯の保育料を無料としています。
健康福祉課 TEL 0855-72-0633
【乳幼児・子ども等医療費助成事業(無料化)】
子育てに対するご家庭の経済的負担を軽減するため、子どもの医療費の無料化を行っています。
《自己負担上限額》
 入院0円 通院0円 薬局0円
《対象》
 0歳から高校生まで
健康福祉課 TEL 0855-72-0633
【まげなフリーパス】
町内在住の高校生以下を対象に町内の公共施設やスクールバス、プール、温泉施設などの利用が無料または一部割引となるフリーパスポートを発行。
まちづくり推進課 TEL 0855-72-0634
【英検助成】
英語検定を受検する費用の全額を補助。(同一級同年度内1回)
川本町教育委員会 TEL 0855-72-0594
【在宅児家庭支援事業】
在宅児家庭のお子さんの遊び場や保護者の交流・くつろぎの場ととして平日キッズスペースの開放や、毎月イベントを実施しています。
川本町社会福祉協議会 TEL 0855-72-0104
【放課後子ども居場所事業】
保護者が就労している小学生を対象に、授業終了後や長期休業中の居場所を開設しています。
《開催日》
 平日:放課後〜18:00
 長期休暇・学校休業日:8:00〜18:00
川本町社会福祉協議会 TEL 0855-72-0104
住まい

【新築・改修など貴方の住まいづくりを応援します!】
町内での定住を目的として、新築される方や中古住宅を取得し改修される方へ、その費用の一部を助成します。

《新築》
 基本額:新築費用の10%(上限50万円)
 加算1 :下記項目数×25万円 (上限50万円)
   ア . 中学生以下の子どもの人数
   イ . 世帯主の年齢が45歳未満
   ウ . 町内事業者による施工
 加算2 :土地購入費等の助成(上限100万円)
      土地建物を購入して新築した場合
《中古住宅》
 購入費の5%( 上限50万円)
 加算1 :下記項目数×25万円( 上限50万円)
      新築の場合のア、イと同じ
 購入後のリフォーム費用助成:リフォーム費用の1/2( 上限250万円)
《Uターン住宅改修助成》
町外に居住する親族がUターンし、町内で同居する際に必要となる家屋のリフォーム費用の一部を助成します。
※各助成には要件がある場合があります。詳しくは下記URLをご覧いただくか、担当課までお問合せください。

http://www.town.shimane-kawamoto.lg.jp/doc/sumu/2799

まちづくり推進課 TEL 0855-72-0634

【空き家を貸し出す方を支援します!】
町内で定住を希望される方へ所有する空き家を貸し出すために、所有者が行う家屋のリフォーム費用や、家財撤去に係る費用の一部を助成します。
《空き家改修》
 改修費用の1/2(上限350万円)
 ※建物の耐震診断を受けること
《家財撤去・ハウスクリーニング》
 費用の全額(上限20万円)
まちづくり推進課 TEL 0855-72-0634

【川本町空き家バンク】
川本町の空き家バンクに登録された物件の情報提供を行っております。
川本町空き家バンク
https://www.kawamotogurashi.jp/akiya/

移住支援団体 かわもと暮らし TEL 0855-74-2110

支援制度 【UIターン就職支援窓口】
ハローワークと連携し、川本町へのUIターン希望者を対象に就職支援を行っております。
移住支援団体 かわもと暮らし TEL 0855-74-2110
体験 
  • 【かわもと暮らし体験プログラム】
    このプログラムは事前の相談内容を踏まえ、希望者の方が町内での実際の暮らしを感じることができるよう日程・行程を個別に作成します。日帰りから2泊3日まで1名から対応しています。
    https://www.kawamotogurashi.jp/form/experience-program/
    移住支援団体 かわもと暮らし TEL 0855-74-2110
【川本町就農体験プログラム】
このプログラムは新規就農希望者のプログラムになります。町内での就農をじっくり検討していただくため5日〜1週間で町内見学だけでなく、就農体験も行っていただきます。
https://www.kawamotogurashi.jp/form/experience-program/
移住支援団体 かわもと暮らし TEL 0855-74-2110
その他 【かわもと暮らし】
川本町では移住・定住についての専門窓口を開設しており、専任のスタッフが仕事、住まい、子育てに至るまであらゆる相談にワンストップで対応しています。
移住支援団体 かわもと暮らし TEL 0855-74-2110
【保育所の完全給食の実施】
町内全ての保育所で、地元産のお米を使った炊きたてのごはんを提供しています。また、園児が生産者と触れあう機会を設けるなど、地産地消を学ぶ取組みを実施しています。副食費(おかず代)の全額助成を行っています。
健康福祉課 TEL 0855-72-0633

UIターン窓口情報

UIターン担当課名 まちづくり推進課
所在地 〒696-8501 邑智郡川本町大字川本271-3
TEL 0855-72-0634
E-mail teiju@town.shimane-kawamoto.lg.jp
移住定住サイトURL

かわもとぐらし

http://www.kawamotogurashi.jp/

オンライン相談サイトURL

かわもとぐらし オンライン移住相談実施中

https://www.kawamotogurashi.jp/madoguchi/onlinesoudan

お問い合わせ