大田市(おおだし)大田市(おおだし)

大田市は島根県の中央部に位置する拠点都市です。世界遺産「石見銀山(いわみぎんざん)遺跡」をはじめ、世界遺産内の温泉街「温泉津(ゆのつ)温泉」、大山隠岐国立公園指定の「三瓶山(さんべさん)」など自然や文化、歴史が残っています。宝島社認定第3回日本「住みたい田舎」ベストランキング総合1位を獲得。移住・定住促進に力を入れています。

大田市の特徴

  • 世界遺産「石見銀山遺跡」

    大田市

    平成19年7月、日本で14番目に世界遺産に登録された「石見銀山遺跡」があり、銀鉱石を求めて掘られた坑道「間歩(まぶ)」のほか、銀を積み出した港や街道は往時の面影を漂わせています。
    参考:石見銀山遺跡

  • 国立公園「三瓶山」

    大田市

    南東部に国立公園三瓶山(標高1,126m)があり、これを主峰とする連山に囲まれ山間傾斜地が多く複雑な地形にあります。

    三瓶山は、平成30年4月に国立公園指定55周年を迎えました。
    参考:大山隠岐国立公園

  • 風光明媚な長い海岸線

    大田市

    東から西へ約46kmにおよぶ海岸線は、マリンスポーツをはじめフォトスポットとしても多くの人々に親しまれています。

市町村概要

人口 33,780人
面積 435.71Km2
主産業 農林漁業を中心とする第1次産業と窯業、製造業、土木建設業等第2次産業及び商業、サービス業等第3次産業が相互に関連し、基幹産業である農業は、水稲を主体に畜産、果樹、施設園芸等による複合経営で、なかでも畜産業は、農業総生産額の約8割を占めています。
特産品 西条柿、アムスメロン、ブドウ、イチゴ、ブルーベリー、柚子、キャベツ、さつま芋、石見銀山和牛、三瓶牛、米、卵、カレイ、ニギス、アジ、イカ、アナゴ
観光スポット・見どころ 石見銀山遺跡(世界遺産)と世界遺産センター、国立公園三瓶山、県立三瓶自然館サヒメル、三瓶小豆原埋没林、仁摩サンドミュージアム(世界最大の砂時計)、琴ヶ浜(鳴砂の浜)、温泉津やきものの里(日本有数の登り窯)、重要伝統的建造物群保存地区(大森、温泉津の町並み)
祭り・伝統行事紹介 五十猛のグロ(1/11〜1/15)、宅野子ども神楽(伝承館、2/11)、御日待祭(巌島神社、2/14)、彼岸市(3月及び9月下旬、中日つぁん・大田市駅前通)、やきもの祭り(やきものの里・4月、10月中旬)、三瓶高原クロスカントリー大会(8月下旬)、ヨズクハデ(西田地区、収穫時期9月下旬〜10月下旬・国重要無形文化財)、時の祭典(仁摩サンドミュージアム、12/31〜1/1)

UIターン支援施策

大田市

仕事

【大田市無料職業紹介所】

大田市内で就職を希望されるUIターン希望者等と市内事業者等の求職・求人のマッチングを図ります。
産業企画課 TEL 0854-83-8077

【ふるさと大田起業・創業支援事業】

市内で空き店舗・新規店舗等を利用して起業・創業又は事業承継をされる方に対し、経費の一部を助成します。
《対象者》
小売業、サービス業等の開店予定者で、空き店舗や新規店舗を活用して実施される方
《対象経費等》
開店に必要な改修費、建築費、建物取得費、備品購入費、備品リース料、広告宣伝費、空き店舗賃借料
《補助率》
 1/2以内
※補助限度額は、上限100万円。
 賃借料は上限83,000円/月
※商工会議所、商工会の推薦及び審査会実施のうえ決定
産業企画課 TEL 0854-83-8075

【大田市輝くビジネスプランコンテスト】

市の将来を考える若者を対象に、「食」と「 宿泊機能」の活性化、「新しい生活様式への適合を踏まえたニュービジネス」をテーマとして、ビジネスプランを募集し、最も優秀なビジネスプランを提出した方の起業・創業を支援します。
《対象者》
45歳以下で、「食」・「宿泊」の活性化等に関する起業・創業計画を有する方
※書面・プレゼン審査を実施し、受賞者を決定します。受賞者には事業実施にかかる経費に対して、300万円を上限に補助金を交付します。
産業企画課 TEL 0854-83-8075

【大田市農業担い手支援センター】

農業に興味のある方、ご相談に応じます。
農林水産課 TEL 0854-83-8091

【介護人材育成事業】

大田市内の介護サービス事業所に勤務しながら、介護福祉士等の資格取得を目指す方へ、資格取得試験にかかる受験料や研修の受講料の一部を助成します。詳細は介護保険課までお問い合わせください。
《助成金額》
 試験受験料( 自己負担の部分に限る)の8/10の額
 研修受講料( 自己負担の部分に限る)の1/2の額( 上限5万円)
介護保険課 TEL 0854-83-8063

暮らし

【乳幼児・子ども医療費助成制度】

中学校卒業までのお子さんの医療費(保険診療分)を無料とします。
※文書料や入院されたときの食事代、室料等は別に自己負担となります。
※保険外併用療養費(保険の対象とならない費用)は自己負担となる場合があります。
市民課 TEL 0854-83-8154

【第3子以降保育料の減免】

《内容》

 第3子以降で3歳未満:無料

子育て支援課 TEL 0854-83-8149

【同時入所時の保育料軽減】

保育所等に同一世帯で2人以上の児童が同時に入所している場合、保育料を軽減します。
《内容》
 年齢が高い順で2人目の児童 : 半額
 3人目以降 : 無料
子育て支援課 TEL 0854-83-8149

【多子世帯の保育料軽減】

市民税(所得割額)が57,700円未満の世帯の保育料を軽減します。

《内容》

 第2子:半額(一部無料)

 第3子以降:無料

子育て支援課 TEL 0854-83-8149

【ひとり親等世帯の保育料軽減】

市民税(所得割額)が77,101円未満のひとり親等世帯の保育料を軽減します。
《内容》
 第1子:市民税均等割のみ課税世帯3,600円
     上記以外3,800円
 第2子以降:無料
子育て支援課 TEL 0854-83-8149

住まい

【空き家バンク制度(空き家情報の提供)】

大田市内にある空き家情報等を収集し、大田市定住サイト「 どがどが」へ掲載しています。
「おおだ定住支援センター( まちづくり定住課内)」で空き家の情報提供等を行っています。
[大田市定住サイト「 どがどが」https://www.teiju-ohda.jp/]
まちづくり定住課 TEL 0854-83-8029

【おおだに住もう移住者定住支援事業】

UIターンで大田市に移住される方が、中古住宅や空き家バンク登録住宅の改修をする場合に、改修費と残存家財の処分費の一部を助成します。詳細は、まちづくり定住課までお問い合わせください。
《助成率》
 対象経費の1/2以内

《助成金額》
 改  修: 上限50万円
 残存家財: 上限15万円(空き家バンク登録住宅に限る)
まちづくり定住課 TEL 0854-83-8029

体験

【山村留学センター「三瓶こだま学園」】

国立公園三瓶山の麓で、子どもたちに島根の本物の自然体験をさせてみませんか?週末と長期休みに実施する短期山村留学や、センターを寮として北三瓶の小・中学校に通いながら自然体験をする1年間の長期山村留学があります。詳しくはWebで動画や仕組みをご確認ください。
[大田市山村留学センター https://sanbekodama.tumblr.com/]
山村留学センター「 三瓶こだま学園」 TEL 0854-86-0700

その他 【定住支援相談員】
まちづくり定住課内に、移住相談から移住後のアフターフォローを行う定住支援相談員を配置しています。お気軽にご相談ください。
【おおだ縁結びサポート事業】
結婚支援相談員を配置し、独身男女の出会いを応援しています。
まちづくり定住課 TEL 0854-83-8182(相談専用ダイヤル)

UIターン窓口情報

UIターン担当課名 まちづくり定住課
所在地 〒694-0064 大田市大田町大田ロ1111番地
TEL 0854-83-8029
E-mail teijyu@city.ohda.lg.jp
移住定住サイトURL

大田市定住サイト「どがどが」

https://www.teiju-ohda.jp/

オンライン相談サイトURL

大田市定住サイト「どがどが」移住の手引き

https://www.teiju-ohda.jp/about/onlinesoudan/2752

お問い合わせ