受入先名:JAしまね出雲ぶどう部会(青年部)
【出雲(いずも)市 /いっしょにつくろう いずもぶどう!】

ブドウ部会

 

【いずもぶどうについて】

・デラウェア産地として歴史があり、加温栽培により4月から出荷できます。

・生産組織や販売体制もしっかりしており、栽培することに専念できます。

・特にデラウェアは全国でも有数の産地であり、全国的に生産が減る中チャンスです。

・全国で増えているシャインマスカットも、近年の新規就農者には人気です。

作業風景

 

【出雲市について】

・出雲市は島根県で人口第2位の都市なので、住まい探しも比較的楽で通勤可能。

・県立病院等の医療環境も整い、幼稚園、保育所、学校数は県内でも多いです。

・農地のある出雲・大社は市街地から比較的近く、山間部に比べ降雪も少ないです。

・島根県最大の園芸産地で、就農、営農支援策(補助メニュー)が豊富です。

 

年間スケジュール

年間を通して次の体験を行います

スケジュール

 

休日

・上記年間スケジュールと、季節、天候、作業状況により変動します。

 

勤務(体験)時間

8:30-17:30 ※季節により、作業内容や時間は変化します。

 

こんな人に来てもらいたい!

私たち、出雲ぶどう部会では「どげでも守ろう!いずもぶどう」をスローガンに、産地の維持・発展に向けて一丸となって取り組んでいます。

ぶどうが好きだ!自分で農業を頑張ってみたい!という方、一緒にぶどう栽培に取り組みませんか?

近年は、若い人の就農が増え、女性の就農も増えつつあります。

 

体験終了後

・産業体験と並行して、出雲市のアグリビジネススクールに参加される方もいます。

 月1回から2回の座学・実習により、気軽にふどう栽培の基礎が学べます。

・体験終了後は、1年または2年の更に本格的な研修を経て、就農する方が多数おられます。

 (参考)直近7年で15名の就農(就農制度活用)、うち5名がU・Iターン

・具体的な就農相談については、市、県、JAが一体となって行いますので、お気軽におたずねください。

fb ちらし

 

(問合せ先) 出雲市農業支援センター                       TEL:0853-21-6122

       島根県東部農林振興センター出雲事務所    TEL:0853-30-5604

      JAしまね出雲地区本部西部営農センター  TEL:0853-53-2168

産業体験事業の概要

●対象:県外在住のUターン・Iターン希望者
●対象業種:農業・漁業・林業・伝統工芸・介護等
●助成期間:3か月以上1年以内
●体験者助成額:12万円/月
 (※ただし、以下の場合は6万円/月)

    1.県内に居住している父母または祖父母と同居の場合

        ※条件により12万円/月になる場合あり

    2.二親等以内の親族が受入先となり体験を行う場合

    3.伝統工芸の2年目

●親子連れ助成額:3万/月(中学生以下・1世帯につき)

 

・まずはお気軽に定住財団までお問合せください。         

 お電話でのお問合せ : 0855-25-1600 (石見事務所)  0852-28-0690 (松江事務局)

 フォームでのお問合せ: メールでのお問合せはこちら!

 (メールで資料請求をご希望の場合は、住所を忘れずにご記入ください)