地元編集者が綴る 島根のいいところ
地元編集者が綴る 島根のいいところ
VOL.2 島根Uターン
VOL.2

思わず“懐かしい”が飛び出す!島根県民のソウルフード3選

島根Uターン
思わず“懐かしい”が飛び出す!島根県民のソウルフード3選

みなさん、こんにちは。山陰のタウン情報誌ラズダ編集部のべーやんです。
豊かな自然が広がる島根県は魚もうまいし、肉も野菜もうまい。東西に長いエリアなので、東と西、山間部でも文化圏が異なり、ご当地グルメのバリエーションも豊富です。
そこで今回は、“懐かしいソウルフード”をテーマに、松江市・出雲市・安来市のご当地グルメをピックアップ。近隣に住んでいた&近隣の島根県出身者なら、誰もが一度は食べたことがあるはずのグルメは、思わず「懐かしい!」と画面越しに言ってしまうかも!
豪華な料理もいいけれど、島根に戻ってきた時、ホッとひと息つけるのはこんな味じゃないですか?

松江市『天神たこ焼き店』の「たこ焼き」

半世紀以上も愛される!ト~ロトロ食感の松江名物

島根県松江市のご当地グルメ店「天神たこ焼き店」のたこ焼き

「天神さん」の愛称で親しまれている、松江市天神町の『白潟天満宮』。学問の神様として子連れの参拝客も多いこの場所で、長年に渡って愛されているのがこのたこ焼き。松江市民なら誰もが一度は食べたことのある懐かしい味のひとつです。

小粒ながら中は半熟のようにトロトロ。ひと口ほおばれば、タコや紅しょうがといった具材の味がジュワ~っと広がります。
昔ながらの味を求めて、松江市民はもとより、県外からのファンも多いたこ焼き。今なお“天神さんのたこ焼き”として親しまれているんですよ。

島根県松江市のご当地グルメ店「天神たこ焼き店」の看板

『白潟天満宮』の鳥居のすぐ下には「たこ焼」と書かれた看板。松江市民の中にはこの看板を見ただけでも「小さい頃食べたな~」と懐かしむ人もいるとか。

現在、お店を切り盛りするのは3代目の黒田さん。先代の体調不良などもあり、一時は臨時休業状態が続いたものの、黒田さんが先代の意志、そして味と技術を受け継ぎ、3畳半ほどの調理場で“天神さんのたこ焼き”を作り続けています。

島根県松江市のご当地グルメ店「天神たこ焼き店」の駄菓子コーナー

たこ焼きは1パック300円。持ち帰りをお願いすると、緑色の包み紙でくるんで渡してもらえます(ファンの中にはこの包み紙だけでも郷愁を感じる人がいるそう)。

また、たこ焼きと並んで人気なのが、併設された駄菓子コーナー。今はめっきり見なくなった駄菓子屋さんとしての顔も健在で、小銭を握りしめてやって来る近所の子どもたちの姿もちらほら。
お菓子だけでなく、ソフトグライダーやくじ引きといったものもあり、在りし日の面影を今に伝えてくれていますよ!

島根県松江市のご当地グルメ店「天神たこ焼き店」の駄菓子コーナー

天神たこ焼き店

電話:0852-25-0328
住所:島根県松江市天神町58 [MAP]
営業:9:00~18:00*早じまいの場合あり
定休:月曜(25日・祝日の場合営業、翌日休)*臨時休業の場合あり
駐車:なし

出雲市『きんぐ』の「大社ラーメン」と「大社焼きそば」

出雲そばだけじゃない!出雲名物と言えばこの2大麺グルメ

島根県出雲市大社町のご当地グルメ店「きんぐ」の外観

島根県出雲市と言えば「出雲そば」があまりにも有名。出雲大社へ観光に来る方のほとんどは、お昼ごはんに「出雲そば」を食べていると思います。ですが、出雲市出身の私としては、出雲市の名物グルメなら『きんぐ』を猛プッシュしたい!

『きんぐ』は出雲市大社町にある大衆食堂的なお店。創業はなんと昭和10年頃と、100年以上の歴史を誇る名店中の名店です。その歴史の深さゆえに、「大社ラーメン」と「大社焼きそば」の2大看板メニューは、『きんぐ』だけでなく、出雲市民の幅広い層から愛されています。

島根県出雲市大社町のご当地グルメ店「きんぐ」の大社ラーメン

『きんぐ』は元々、先々代がそば屋さんとして創業したお店。その後、先々代が戦後に出雲そばの指導で博多へ出向いた際、博多ラーメンと出あいます。
指導から戻った後、昭和33年から中華そばの提供を開始。今に至るまで現在の「大社ラーメン」(並650円)として受け継がれています。

元は博多の豚骨ラーメンスタイルだったそうですが、改良を続ける中で現在のスッキリとした中華そばに。スープは豚骨と鶏ガラをベースに、野菜や昆布、カツオ出汁で長時間煮込んだもの。長年、継ぎ足しされていく中で、素材のうま味もギュッと凝縮。
見た目は透き通っていますが、奥深い味わいで最後の汁一滴まで飲み干したくなる味!

島根県出雲市大社町のご当地グルメ店「きんぐ」の大社焼きそば

「大社ラーメン」と並ぶ名物がこちらの「大社焼きそば」(並700円)。生麺を一度湯がいてから調理するため、麺の外はカリッ、中はもっちもちの食感。ソースを後からかけていただくのが『きんぐ』流で、この味を求めてやって来る人も少なくありません。

出雲大社周辺は観光地だけあって、新しいお店ができるなど変わっていっています。その中にあって“変わらない味”として何世代にも渡って愛されているお店『きんぐ』。
最新!トレンド!もいいけれど、たまに帰ってきた時ぐらいは、かつての懐かしい味でホッとひと息つくのもいいですよね?

島根県出雲市大社町のご当地グルメ店「きんぐ」の大社ラーメン

きんぐ

電話:0853-53-2473
住所:島根県出雲市大社町杵築東599 [MAP]
営業:11:00~22:00(OS21:30)
定休:水曜、年末年始
駐車:あり
情報:http://t-king.jp/

安来市『わたなべ牧場』の「自家製ヨーグルト」と「手造りプリン」

素材の良さが生きたやさしい甘みのヨーグルト&プリンは市民ご用達おやつ

島根県安来市のご当地グルメ店「わたなべ牧場」の自家製ヨーグルト

白地に赤い文字で「自家製ヨーグルト」、そして舌をペロッと出した牛のイラスト。安来市民ならひょっとすると、この字面だけで分かっちゃうかも?

そう、安来市伯太町にある『わたなべ牧場』の「自家製ヨーグルト」です。甘すぎず、サラッとした口あたりで、毎日食べても飽きの来ない味わいの安来市のソウルフード的おやつ。
スーパーだけでなく、地元のコンビニでも販売され、最近では高級スーパー「成城石井」でも取り扱われる郷土が誇る逸品です。

島根県安来市のご当地グルメ店「わたなべ牧場」の自家製ヨーグルト

生産から製造までをワンストップで手がける『わたなべ牧場』。創業は30余年を数え、小さい頃、親にせがんで買ってもらった!方も多いのではないでしょうか。

化学合成物を極力使わないため、老若男女問わず安心して食べられます。また、ゆっくりと低温殺菌するため、生乳のようなやわらかい風味で、ふわりと感じる甘みも魅力ですよね。

島根県安来市のご当地グルメ店「わたなべ牧場」の手造りプリン

「自家製ヨーグルト」と並ぶ人気商品である「手造りプリン」。自社を含む地元産ネッカ牛乳、安来市産のネッカ卵、そして鹿児島県種子島産の粗糖のみを使用したシンプルなプリン。それだけに素材が持つ本来の味わいがギュギュっと詰まっています。
カップにくっ付けられた別添えのカラメルソースを、好みの量入れられるのも特徴ですよね。
商品はオンラインショップでも購入できるので、実家に中々帰れていない方も、取り寄せてプチ地元感を楽しんでみるのも良さそうですよ!

疲れた時の糖分補給にちょうどいい甘さですし、職場の人や友達に配ってあげたらヒーローになれちゃう、かも?

島根県安来市のご当地グルメ店「わたなべ牧場」の牧場の様子

わたなべ牧場

電話:0854-37-1581
住所:島根県安来市伯太町日次463 [MAP]
営業:9:00~18:00
定休:不定休
駐車:あり
情報:https://watanabe-bokujou.com/

その他の島根記事Shimane Article

この記事を書いた編集人Editor

地元情報誌「ラズダ」編集部 べーやん

地元情報誌「ラズダ」編集部べーやん

島根県出雲市佐田町出身。新しいラーメン屋には行かなきゃ気が済まない頑固者。超ローカルYouTubeチャンネルに主演。